English

熱中症の基礎知識

熱中症とは

そもそも熱中症って?

◎熱中症とは
  高温多湿な環境に、体が適応できなくなって起きる健康の障害の総称です。

〇熱中症の種類
 熱中症は労作性(ろうさせい)非労作性(ひろうさせい)の二種類に分けられます。
 労作性熱中症は暑い場所で肉体労働やスポーツをすることによってかかる熱中症です。それに対して、非労作性熱中症は暑い場所で長時間過ごすことによってかかる熱中症です。
 この二つはかかる原因や性別、年代に大きな差があります。

(平成26年度環境省熱中症に係る自治体等担当者向け講習会資料より作成)

〇熱中症の症状
 熱中症には様々な症状があります。熱中症環境保健マニュアルによれば以下のような症状が出たら熱中症のサインです。


症状1.めまい・失神・立ちくらみ
症状2.筋肉痛・筋肉のけいれん・手足がつる
症状3.汗のかきかたがいつも通りでない
症状4.体のだるさ・吐き気
症状5.体温が高い・ 呼びかけに反応しない


〇なりやすい年代
 このグラフは熱中症が原因で救急搬送された人の年代別割合を表したものです。約半数を高齢者が占めています。高齢者の熱中症は重症化しやすいことがわかります。
 年代別の人口を踏まえると、高齢者のうち約150人に1人(0.605%)、少年のうち約250人に1人(0.425%)、成人のうち約500人に1人(0.207%)、乳幼児・新生児のうち約2500人に1人(0.049%)が救急搬送されていることがわかります。

(総務省消防庁熱中症による救急搬送人員数に関するデータより作成)

〇なりやすい場所・日
 熱中症になりやすいのは、太陽が照りつける暑い日だけではありません。熱中症にかからないためには、どんな場所・どんな日に注意したらいいかを知り、対策することが大切です。

こういう場所は注意!
こういう日は注意! (熱中症環境保全マニュアルより)